瀬古遥加ブログ

2019-2-9

2013年~2014年 ジュニアエリート時代

だーいぶ前に、BMXを始めたきっかけから

チャレンジ時代のことまでをたしか書いた気がします。

今回は、ナショナルチームに入った

2013~2014年までのことを書きたいと思います。

【2013年】

ジュニアエリート1年目でナショナルチームに入ることができました。

ナショナルチームに入るまでに、悩んで悩んで悩みすぎておかしくなるぐらい考え込んだ時期もありました。

深くは書きませんが、

2013年の9月から海外での活動を開始しました。

初めてのワールドカップに参戦するため、

IMG_3431

事前練習にバンクーバーへ行きました。

最初のジャンプが怖くてなかなか飛べませんでした。

最終的には飛んだものの、転倒もありました。

ここでの練習で気持ちも上がり、アメリカへ移動。

初めてのワールドカップはチュラヴィスタ。

IMG_3564

同じ施設内でアマチュアトラックがありそこでレースに出ていた現在ナショナルチームで活躍中の子達が来てくれました。

IMG_3621

当時のルールは、タイムトライアル(TT)を全員が行い、

上位何人だったか忘れちゃったけど、そこに入れないと

TTで落とされるルールでした。

この時運よく全員がTTで落ちることがありませんでした。

レースは予選3回走りましたが、正直レースをするというより、

自分がゴールできるのか?自分と戦っていました。

トップと何十秒も離され恥ずかしい、悔しい。

という気持ちでした。

こうなることは想像できていたけど、

初めて出たレースでたくさんのことを得ました。

レースを終えて思ったことは、

「もっと色々なコースを走っていけば、飛べるしもっと走れる。」と感じました。この時感じたことは鮮明に覚えています。

IMG_3685

⬆︎韓国でのクラウンハイタイ(C1)で3位

IMG_2556

初めてのアジア大陸選手権大会。優勝。

IMG_2559

ジュニアエリートの2年間は絶対に

タイトルをとらなければならないと思っていました。

ものすごく暑くて苦しかった記憶・・・。

【2014年】

3月にフロリダでC1レースに参戦しました。

ここではエリートもジュニアも混走だったけれど

そこそこ走れていた記憶。

IMG_5169

4月、マンチェスターでワールドカップに参戦。

IMG_5367

あまり記憶が残ってはいないが、チュラヴィスタよりも

簡単なコースだと感じたような・・・

IMG_5359

第一コーナー手前のジャンプは自分のスキルで飛んだら

死んでしまうと思ったので飛ばなかったけど・・・。

7月には世界選手権がありました。

この世界選手権の前にナショナルチームで

事前合宿をYBPで行っていました。

しかし練習中転倒し、肩を脱臼してしまった・・・。IMG_6393

外れ方がいつもと違う、戻せない・・・ということで

病院まで1時間ちょっとかけて運ばれていきました。

肘もズリ剥けて砂が埋まっていた・・・。

病院で処置してもらいましたが、肩は上がらないし、痛い。

合宿中はもう乗れないので、みんなのサポートをしていました。

IMG_6418

結局このままオランダ入り。

レースまでに動くか心配でしたが、絶対に出ると決めていたし

同じ経験をしている人もいたので、その人の言葉は心強かった。

公式練習当日、100%以上で乗ることができ、何も心配はありませんでした。

IMG_6608

予選通過し、準決勝で5位・・・(4位までが決勝に進める)

IMG_6546

悔しかった・・・この時のことは鮮明に覚えています。

9月にタイで行われたC1。

IMG_6901

コースが長すぎるし(約1分  通常40秒前後)、

全部アスファルトみたいだし、夕方には毎日スコールだし、

尋常じゃない暑さで、初めてのタイで色々衝撃でした。

IMG_6885

なんとか優勝して帰ってきましたが、

このタイからアルゼンチンまで移動でした。

タイのスコータイというところを出発して、

アルゼンチンのサンティアゴ デル エステロまで64時間ぐらい?

かかったんだったかな。移動が辛かった・・・

IMG_7110

アルゼンチンでワールドカップに出て、

そのあと2日間C1のレースに参戦。

3日間レースをしてきてようやく帰国。

IMG_7080

IMG_6973

一度ひっくりが返ったこともあった。

C1ではジュニアエリートだけのレースだったので

決勝にも進み、UCIポイントをしっかりととってきた。

そしてこの年の最後の海外。

インドネシアでアジア大陸選手権大会。

IMG_7535

中国勢に押されながら、かなり緊張感のあるレースで優勝。

IMG_7584

本当に嬉しかった。

さらにこの日、自分自身の誕生日でもありました。

優勝とお誕生日おめでとうと言ってもらえたり、

ダブルで嬉しい日でした。

IMG_7516

しかし・・・

第一志望の至学館大学の推薦入試は不合格という通知。。。

結果、至学館にちゃんと入学しましたが!

そしてもう直ぐ卒業!

そんな、ジュニアエリートの2年間でした。

次回はいつになるかわかりませんが、

エリートになった2015年からのことを書く予定です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Categories

Archives

スポンサー募集
出演・取材依頼

スポンサー

IRC TIRE 自転車用タイヤサイト

特定非営利活動法人 市民・自転車フォーラム

総合保険コンサルティングの(株)アシスト

桑名の本格イタリア料理ヴィアッジーニ

BMX MTB、自転車のオフロードパーク GONZO PARK(ゴンゾーパーク)

Groovy international - bicycle

元気づくりジム

CLT

FUKAYA

MINOURA

SIDI

Copyright (C) 瀬古遥加 後援会 All Rights Reserved.